英 国 trapics
心に届く旅に参加して

2008年10月21日〜10月28日

1日目(10月21日)

成田国際空港発 11:00 発 VS-0901便 にて一路
Heathrow Airport(ロンドン)へ


2日目(10月22日)

嵐が丘」で有名なハワース
Wuthering Heights (嵐が丘) は、エミリ・ブロンテのただ一つの小説
 Wuther とは、風が吹きすさぶ、という意味

ブロンテ姉妹は亡くなるまでこの厳しい環境の小さな村で暮らしていた


恵美子様提供


ブロンテ姉妹の父が牧師をしていたバリッシュ教会と姉妹博物館


ブロンテ氏の書斎


湖水地方

ボウネス観光


クリックなさいますと大きくなります



ウインダミア湖


恵美子様提供

イングランド最大の湖
恵美子様提供
遊覧船の中より対岸の景色

恵美子様提供


遊覧船の上の座席は台風なみの嵐が吹き荒れていた

のんびりと列車で移動したい心境


3日目(10月23日)小雨後晴

チェスター



恵美子様提供

16〜18世紀に建てられた漆喰の白壁に黒い木の梁は何とも美しい


街は全長3.2キロの城壁に囲まれていて、徒歩で端から端まで歩ける

イーストゲート・クロック
二階建てアーケード(ローズ)


クリックなさいますと大きくなります

チェスター大聖堂


クリックなさいますと大きくなります

WEDGWOOD

陶磁器工場


素敵なお皿で昼食




ストラットフォード・アポン・エイボン

シェイクスピアの生家



クリックなさいますと大きくなります

エイボン川の辺にて


アンの生家(シェイクスピアの妻)

見事な美しい藁屋根


4日目(10月24日)

コッツウオルズ地方

ブロードウェイ

大きいしめじ


恵美子様提供

恵美子様提供
街なかを馬に乗った人が通りすぎて行く


クリックなさいますと大きくなります


ボートン・オン・ザ・ウォーター



恵美子様提供


クリックなさいますと大きくなります


恵美子様提供

バイブリー

自然と生き物が共存するのどかな美しい村

恵美子様提供

クリックなさいますと大きくなります

カッスルクーム


暖炉には既に火が燃えていた

Swam Hotel アフターヌーンティーを頂く


クリックなさいますと大きくなります

5日目(10月25日) ロンドンに向けて


23日・24日に宿泊


バース

ロイヤル・クレセント

114本のイオニア式の柱で飾られた半楕円形のテラスは30軒の大邸宅から成っていて、
「シーズン毎に」家を借りる富裕な名士達を集め、
クレセントの下に広がる芝生は、上流社会の人々のお気に入りの散策コースになったそうです

バース大聖堂




恵美子様提供


バースの大浴場



ロンドン

バッキンガム宮殿

英国王室歴代の住居

隔日11:30から衛兵交代式が行われる


大英博物館



ラムセス二世の胸像


ロゼッタ・ストーン

二種の書体のエジプト文字とギリシャ文字の三書体で繰り返し記されており、
これを手掛かりにフランスの学者・シャンポリオン(1790〜1832)が
エジプト文字の解読を成功させた


6日目(10月26)小雨時々晴
終日:自由行動

ロンドン塔世界遺産

 古代の魅力的な要塞の中心で、いろいろな物語が発見できます



11世紀建造の城塞
城内のジュエル・ハウスには王冠などの宝物が展示されている

Crown Jewels
   必ず見なければならない展示物です
 高価なレガリア戴冠式のコレクションは、17世紀以来ロンドン塔で一般公開されています


Medieval Palace
   恐ろしい要塞であるだけでなく豪華な王家の家でもあった
 中世の王室の暮らしの音や香りが楽しめます


Prisoners
   1000年の歴史の中で、数多くの囚人が入獄され、あらゆるところで囚人たちの物語に出会える

White Tower 
  王室の武具コレクションが収納されています
 この中には、ヘンリー[世の武具も含まれます

ロンドン塔内で


恵美子様提供

ウェストミンスター寺院世界遺産



恵美子様提供



北正面
イギリス王家の戴冠式が行われることで有名

日曜日のため、中に入れなくて残念でした

国会議事堂(ウェストミンスター宮殿世界遺産



国会議事堂にそびえ立つ時計塔は、「ビッグ・ベン」の愛称で親しまれている

B.A.ロンドン・アイ

2000年につくられた高さ約135メートル、世界で2番目の観覧車、約30分で1周する
ロンドン市中が一望でき、高い所が大好きな私は心が弾みました

タワー・ブリッジ

ロンドン・アイから

恵美子様提供

バッキンガム宮殿




テムズ川を望む

7日目(10月27)快晴
Heathrow Airport(ロンドン)13:00 が 
2時間遅れの15:00 VS−0900 

8日目(10月28)
成田着11:00

山本さん、お疲れになりませんでした?大変お世話になりました
食事の際には、必ずウェットテッシュを用意して下さり、
又、不慣れな私を労わって下さいました。
お陰さまで何事もなく楽しい旅ができました。
有難うございました。

6日目の自由行動は「半日ウィンザー観光」のオプションが中止になったため、
二階建てバスか? 地下鉄で観光するか?迷いました。
市内観光をいかに効率良く回るか?
山本さんの綿密な下調べ、回転の良さ、素早い行動力に
予想以上の観光ができました。
地下鉄の一日乗車券はお安くて便利でした。

1週間の間に円高が急激に進み、
忘れられない想い出になりました。

戻る

Home