ハノイ・ハロン湾 4日間

旅物語


         出発日     2014年 4月 3日         
帰着日     2014年 4月 6日

ハノイはベトナム社会主義共和国の首都 


出発便  JL751  成田発 18:10   ハノイ着 22:25

1日目(4月3日)      

バスにて ホテル着  深夜

参加者 14名(内7名の方はランクアップしたホテル)

2日目

ホテル発   9:00  バスにて

ホーチミン廟


兵士によって厳重に警備されている

一柱寺


池の中に一本の柱で支えられた小さなお堂

文廟(孔子廟の違う呼び方)


ベトナムで最も古い大学が置かれていた

ベトナムうどん



美味しかった!

タンロン城王宮跡

タンロン(昇竜)遺跡

戦争と人による破壊のせいで遺跡はあまり残っていない



陶器の里 バンチャン


陶器店の近くで刺繍した絹の袋を沢山下げていたご婦人が居たので購入
もっと買ってくれば良かったと今更ながら後悔

玉山祠

ホアンキエム湖の北岸近くにあるゴックソン島に建つ13世紀に創建された寺院



NAM NGHIN(少額紙幣)




5000ドンは≒24円

水上人形劇


千年の歴史を持つ伝統芸能

3日目

4月5日  ホテル発(ハノイ) バスにて ハロン湾へ 約 3時間30分



世界遺産ハロン湾クルーズ

船中でハロン湾名物海鮮料理を楽しむ


奇岩を求めて

雨は降らなかったけれど視界が悪く、湾が濁っていたのでちょっと、がっかり



ティエンクン洞窟に下船し、鍾乳洞見学




鍾乳洞

バスにてハノイへ  約 3時間30分

ハノイ発  JL752  23:50

4月6日

成田着   06:55

旅を終えて

4日間と言っても、中、2日間の旅行だったので、あっけなかった。

ハロン湾は期待外れ!

平均の人の月収が2万円とか。

物価は安い。

ベトナムは南北に長く今回はほんの一部。

親日家が多く感じの良い国だ。

機会があったら南の方も行ってみたい。


戻る

Home