A farewell meeting

仏教用語で 布 施 という言葉があります   

お布施とは 在家の者が出家した人に差し上げる金銭だと思っておりました

奈良の薬師寺のご縁日にお参りさせて頂くようになりまして これが大きな間違いだと分かりました

無財の七施 を知りました

無財の七施とは

やさしい眼差しをもって他人に接すること ・・・・・・眼施(がんせ)

柔和な微笑みをもって他人と接すること・・・・・・・和顔悦色施(わがんえつじきせ)

思いやりのこもった言葉で他人と接すること・・・・言辞施(ごんじせ)

身をもって思いやりを示すこと・・・・・・・・・・・・・・・身施(しんせ)

形だけでなく自らの真心を示すこと・・・・・・・・・・・心施(しんせ)

他人に座る席を気持ちよく譲ること・・・・・・・・・・・床座施(しょうざせ)

宿泊や休憩の場所を気持ちよく提供すること・・・房舎施(ぼうしゃせ)
OA会は 無財の七施 を実行している人の集まりでした
OA会をお世話下さる先生方は 手弁当で交通費も自己負担、すべてが奉仕です

講師役のインストの先生は どんなに出来の悪い生徒でも嫌な顔一つなさらないで
分かるまで教えて下さいます


この世知辛い世の中にこんな奇特な人がいること自体不思議な気がしました

この度 会員の高齢化と会場の関係で
Farewell Party を開くことになったことは痛恨の極みです

乾杯の音頭をおとりになる
(株)リコー植草部長
手前は司会役の百瀬さん
例によってこの二種類だけ納めることができました
指笛ではナンバーワン
安西さん
お立ちの女性は今野さんと好富さん 写真で定評のある
手前が小池さん
OA会育ての親・元リコー社員
ご挨拶は岸沢先生
OA会最後の会長
二木会長
OA会顧問・リコー社員
植草部長

私たちは新たな道を模索して再出発します

OA同行会のページをご覧下さい

ここをクリック

2月10日からワードコースは洗足教室で始まります
詳しいことをお知りになりたい方はメールでどうぞ


Home