箱 根 OFF
2003年10月25〜26日

大湧谷からの富士山 
 
地元の人が珍しいと言うくらい  
この日は雲一つない快晴   
くっきり全山 姿を現す
平成15年10月26日大湧谷から写す
軽いことが一番と選んだデジカメは望遠がない。あぁ残念! 遠くに富士が

10月25日

本日の参加者

きょう子さん、ひろみさん、水仙さん、HILOKO

HILOKOは東京駅から10:33発アクティ(快速)3号車に乗車

きょう子さん、ひろみさん、水仙さんは新横浜にて10:58発アクティに乗車 同じく3号車で無事ご対面

11:44 小田原着

『海席魚國』の姉妹店。
日替りランチ900円より(14:00まで)
コース料理は2500円より
日替わりは品数が多く安価   
小田原駅地下街店
TEL:0465ー24-1187 11:00〜21:00   
第3木曜定休(7・8・12月は営業)

小田原駅より箱根登山鉄道強羅駅下車 
 地下道を通って反対の出口に交番が   
   交番の前で待つこと5分  
   ホテルの車が迎えにきてくれた 
第1日目

箱根別館強羅ビラに落ち着く
303号と304号のお部屋に分かれる

しかしお部屋が分かれていると何かと不便   
一部屋が広いので一緒になり先ず一服 
きょう子さん 水仙さんは?
    

2日目 10月26日

昨夜の豪華な夕飯は写真を撮り忘れました     
まつたけの釜飯は食べすぎてしまうくらい美味    
        → 右は朝食
自分で豆腐を作ります  
固形燃料 
鉄の鍋 
豆乳 
にがり 
これらが揃えば家庭でもお豆腐が作れます 

左の写真はホテルのHPから拝借しました
露天風呂の様子、なかなか良いでしょ

デジカメを持って入ることできません
是非、紹介したくて.....
ビラには大風呂と露天風呂が
泉質は単純硫黄泉
効用としては関節痛、動脈硬化症

   温度はぬるめ
   ホテル側には大浴場があります
   ホテル・ビラ どちらも利用できます
Copyright(C) 2001 Kishu Railway Co.,Ltd. All rights reserved.
中強羅では乗車証明の券を忘れずに!

どちらのホームからでも乗れます

便利ですね!

駅と駅の中間点ですれ違い

中強羅駅に強羅行きのケーブルが到着
おっとこれは反対
私たちは早雲山行きに乗るのでした
てるちゃんのお陰で晴天

富士山が見えますように!  

逸る心を抑えながら
大湧谷に向けて
箱根ロープウェイの中

水仙さん、気持ち良さそう (@_@)
富士との出会い

何はともあれ(^O^) 

捜し求めていたものに出会えた喜び

感激も一入 \(^o^)/

源泉から立ち上るガス 硫黄の臭いが鼻をつく

大湧谷名物 くろたまご
富士をバックに 抜けるような紺碧の空 

山の天気は変わりやすく 富士山には横一列の白い雲が
大湧谷から再び箱根ロープウェイに乗って桃源台へ


桃源台からバスで仙石高原 やっと着きました



上のおじさんに仙石原どこですか? ここへ来て仙石原? 呆れられ ついでに食べ物やさんありますか?

 お蕎麦やさんを教えてもらう

美味しいお蕎麦でした


見事なススキが原

名残惜しい! 芦ノ湖もきれい! 船に乗りたい心を押さえて 


ひろみさんは老親のお父様がお留守番のため 強羅までご一緒してお別れしました 
ひろみさん 本当に有難うございました

乗り物の待ち時間はありましたが 運のよい一日でした
なかなか見られない富士山も堪能できました

今日は箱根強羅ホテル 和室の寝室に堀こたつのあるお部屋
しかもお食事はお部屋に運んで下さいました
たいへん リッチなお食事でした

3日目 10月27日

紅葉を探し求めて 箱根美術館へ

斑紅葉でしたが 十分 満足しました



お茶室を見つけました






お抹茶と栗のお菓子が絶品でした


ちょっとお抹茶茶碗が大き過ぎ(写真の撮りかたが下手でした)



公園上から 箱根登山鉄道ケーブルカーに乗って強羅で乗り換え
小田原駅に着きました


ここで お別れ

きょう子さんと水仙さんはJRで  HILOKOは小田急で 

HILOKOにとっては50年ぶりの箱根

お若い皆さんから ”えっ” と びっくりされました

3日共快晴に恵まれ素敵な旅でした

お世話になり有難うございました




Home