ひぐらし界隈
時代に流されず町並みがあまり変らないのがこの辺りの良いところでしょうか。田端から日暮里・千駄木・根津にかけ昔は文人墨客が多く、鴎外、漱石、荷風、龍之介、万太郎、堀辰雄、平塚らいてう、石井鶴三、石井柏亭、岩田専太郎、岡倉天心、佐多稲子、四賀光子、野村万蔵など数多くの有名人が住んでいました。
戦後、田端と日暮里の間に駅ができ、営団千代田線が引かれ、少しは変ってきましたが、周辺地区の発展には及ばず、比較的静かな町並みを残しています。書家の植村和堂翁は生涯この地で過ごされました。西日暮里駅近くの開成学園には、将来傑出した人物になるであろう若きエリート生の元気な姿を通学時間帯には見られます。
西日暮里から田端にかけて