青葉・若葉に誘われて

きょう子さんの上京に合わせ、2004年5月21日 女性4人は花を求め、グランマさんの地元の吉祥寺に集合、当日の朝まで台風が心配されていましたが、てるちゃんのお蔭もあって、夫々の家を出る頃にはすっかり雨も上がり日傘、日よけの帽子が必要なまでの晴天になりました。

行程

吉祥寺駅(JR ・井の頭線)→深大寺そば→神代植物公園→深大寺→深大寺温泉 ゆかり

いきさつ

Yahooメッセンジャーで5月16日 チャットの最中

どこか花のきれいなところはないかしら? と きょう子さん、水仙さん、それにHILOKO 

水仙さんが神代植物公園はどうかしら? 話は急転直下、グランマさんに電話をして
急遽、チャットに加わって頂き、神代植物公園に決定

集合場所: 吉祥寺深大寺行きバス停
集合時間: 午前11時

ほぼ、定刻に集合、シルバーパスの使えるグランマさんとHILOKOは無料でバスに乗車
神代植物公園バス停へ

先ず、腹ごしらえには深大寺そば

由緒あるお蕎麦屋さんでした

迂闊にも東京都立神代植物公園の正門を撮るのを忘れたようです

入園料:一般 500円 シルバー 250円

楚々として百合一輪

入った途端、園内は見渡すばかりの色とりどりの 薔薇・ばら・バラ・

とは言うもの、腕が? カメラ? それとも光りの関係? でしょうか?

思ったように撮れませんでした

薔 薇 園


観 葉 植 物 館 にて

薔薇に勝るとも劣らないベコニア


睡 蓮


深 大 寺

733年(天平5)の開基とされ、都内では浅草寺に次ぐ長い歴史を持つ古刹。中世には関東一の密教道場となり、その後は江戸幕府の保護により栄えたが、2度の火災によって縮小した。起伏のある境内はうっそうとした雑木林におおわれ、数ケ所の湧水もあり、武蔵野の面影をよく残している。だるま市や花見、植木市など四季の魅力も多く、隣接する神代植物公園とともに都心部からの行楽客も多い。周辺には深大寺そばの店や饅頭屋が軒を連ね、名物となっている。(Yahooトラベル案内より)


深 大 寺 温 泉 ゆかり
入浴料:一般大人 1500円 シルバー 1350円

東京に温泉が湧き出たとは聞いていましたがこんなに良い温泉が手ごろに楽しめるとは驚きです。
泉質: ナトリウム・塩化物温泉 

効能: 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・疲労回復・健康増進・切り傷・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

ずい分いろんなところに効くのですね。


入浴後はビールで乾杯、夕飯は五目釜飯、胡瓜のねぎ味噌、天ぷらで4人は満腹、大満足でした。


入泉後の感想

 お湯は東京の温泉らしい鼈甲色?黒く見えました。

なめると、ちょっとしょっぱい泉質です。

食後にもう一度入り、身も心もリフレッシュ。

ゆっくり休めるお部屋もありますし、マッサージの施設もあります。

肩こり、腱鞘炎、筋肉痛になったら又、来たいと思います。

ゆかりの送迎バスは、中央線方向には武蔵境
京王線は調布です。

私たちは武蔵境まで送って頂き、帰路に着きました。


日帰り旅行の感想

神代植物公園・深大寺・深大寺温泉ゆかり 再発見でした。

今回の日帰り旅行も晴天に恵まれ、十分に楽しむことができました。

グランマさんのご案内のお蔭で、時間的ロスがなく、すいすい、次の施設に行けました。

あちこち行ったわりには肉体的な疲労が残らなかったのは、温泉が効いたのでしょう。

小笹の最中も美味しかったです。

神代植物公園は四季いろいろな花が楽しめるようです。

訪れたいところの一ヶ所に加えます。

グランマさん、きょう子さん、水仙さん、このような集まりに参加させて頂き、有難うございました。

VmugOff

Top


Home