沙羅によせて

京都・妙心寺山内・沙羅双樹のお寺・東林院で ”今日一日を大切に” を学ばせて頂いた直後、奥東北の旅に誘われ、今年は、はからずも再び、沙羅(ナツツバキ)との出会いがありました。


平成15年7月9日、塩釜市の東園寺



平成15年7月10日、龍洞院・石巻市にて


平成15年7月26日、石巻市を中心に震度6前後の地震が3度もありました

 人生、明日は何が起きるかわからないものだと言うことを知らされました


心に残った言葉

釈迦
人生は苦なり


親鸞
明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかわ
明治生まれの母は
私のことが見ていられなくて

口癖のように 
今は私が子供や孫に言っております



家康
人生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

漱石
人間は生きて苦しむための動物かもしれない

芥川龍之介
人生は地獄よりも地獄的である

林芙美子
花の命は短くて苦しきことのみ多かりき

奈良薬師寺の故高田好胤和上
人生百里の道は、百里に達してなお半ば
二百里、三百里、行き行きて、なお半ばです

続いて

心に残った名刺

つもりちがい十か条(秋山周三氏名刺の裏)より


高いつもりで 低いのが 教養
低いつもりで 高いのが 気位
深いつもりで 浅いのが 知識
浅いつもりで 深いのが 欲望
厚いつもりで 薄いのが 人情
薄いつもりで 厚いのが 面皮
強いつもりで 弱いのが 根情
弱いつもりで 強いのが 自我
多いつもりで 少いのが 分別
少いつもりで 多いのが 無駄

秋山周三氏は、MUGの会員です。
MUGとは、マイツール・ユーザース・グループの略称です。
つもりちがいにならないようにと思っていても知らずになってしまう浅ましさ
心して生きていかねばと思う昨今です。


ぶらり旅行に戻る

Home