特 別 名 勝 六 義 園

六義園は、五代将軍徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主・柳沢吉保が元禄15年(1702年)に築園した和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水庭園」で、池をめぐる園路を歩きながら移り変わる景色を楽しむ繊細で温和な日本庭園です。当園は江戸時代の大名が作った庭園の中でも代表的なもので、明治時代に入って、一時、三菱の創業者岩崎弥太郎氏の別邸となりましたが、その後、昭和13年に岩崎久弥氏により東京市(都)に寄付され、昭和28年には国の特別名勝にも指定されている大変貴重な文化財です。又、園内は豊富な緑と、広い池がいろいろな野鳥を呼び寄せ、ウグイス、メジロなどの留鳥や、マガモ、オシドリなどの渡り鳥も多く見られ訪れる人々の目を楽しませてくれます。

                                      東京都公園協会、東部支社発行より抜粋

ライトアップされた夜桜があまりにも美しかったので写真だけ掲載してましたが、六義園をご存知ない方もいらっしゃいましたので説明を加え、ご紹介させて頂きます。皆さまも是非、桜の季節にはお出かけ下さい。

Home