旧正田邸

2003年1月

美智子さまのご生家が相続税として物納されていることを知らなかった私は
新聞でこのことを知り解体される前に一目拝見したいと思い
東五反田の旧正田邸をカメラに収めてきました。

2003年2月、再び訪れましたときは、保存運動の方たちの署名活動、
警官の姿も見えました。


2004年4月12

正田邸のその後

下の写真のように立入禁止が貼られ、建物は取り壊され、入り口には警官が一人立っていました。
写真を撮って良いか? 警官にお聞きしましたら”どうぞ”と言って頂きました。

月に何回か近くに参ります。

ご近所の方の「安らぎ」の場になれば良いな と思いつつ


2005年11月

秋も深い平成17年11月池田山を久々に尋ねました。
見事に「ねむの木の庭」として生まれ変わっておりました。


「ねむの木の庭
掲示板より

この公園は、皇后陛下 美智子様のご実家・正田邸の跡地に開設したものです。
昭和9年10月20日、正田家の長女としてお生まれになった皇后さまは
昭和34年4月10日、民間初の皇太子妃として皇太子殿下(現・天皇陛下)のもとへ、
この地より嫁がれました。
 品川区は、平成15年にこの土地を譲り受け、皇后さまがお誕生から
ご成婚までを過ごされた場所にふさわしい公園として整備しました。
 この公園には、ご成婚当時の門を再現しているほか、皇后さまゆかりの樹木や、
お歌の中で詠まれた樹木・草花を多数植え、訪れていただいた方
それぞれが皇后さまに思いを馳せていただけるようにしました。
 また、この公園の園名は
皇后さまが高校生時代におつくりになった詩「ねむの木の子守歌」や
皇室に入られた後にお詠みになったお歌の中でも使われた樹木
「ねむの木」にちなんで命名いたしました。
平成16年8月
品川区長  高 橋 久 二


季節が晩秋と言うこともあってお花はあまり咲いておりませんでしたが、

草花・樹木の種類は豊富で春が楽しみです。

”いこいの場”として多くの方が訪れることでしょう。


写真の上でクリックなさいますと大きな写真がお楽しみ頂けます。

公園のところどころに皇后陛下御歌集 
「瀬音」より抜粋された御歌がご覧になれます。
フタをめくると樹木の解説が書かれています。


一部ご紹介させていただきます。

写真の上でクリックなさいますと文字が大きくなります。


戻る


Home