根津神社
根津権現

   

今から千九百余年の昔、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が千駄木の地に創祀したと伝えられる古い社で、文明年間には太田道灌が社殿を奉建しています。
江戸時代五代将軍徳川綱吉は世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座しました。
明治維新には、明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、国家安泰の御祈願を修められるなど、古来御神威高い名社です。

つつじヶ岡                                                           
境内地となる以前、徳川綱重が屋敷の庭につつじを植えたことに始まり、七千坪の神苑は世につつじヶ岡と呼ばれる府内の名勝でした。
                                    根津神社縁起より

つつじ祭り 5/2まで
      今も花季には数十種三千株が咲き乱れ、多くの人で賑わいます。

HOME